Home | Form 

商品先物取引とは

商品先物取引とは、その名の通り「商品」の先物取引をすることを指します。先物取引はもともと農作物や工場生産物の取引の保険として利用されていたという敬意があります。このページでは商品先物取引についての概要をご紹介します。


商品先物取引の本質

商品先物で主に取引される農産物の価格や貴金属の価格は実際のところ不透明です。そのため現在の先物の価格が安いのであれば、先物を買っておくことで将来の約6ヵ月後に必要な物資を調達するのに役立てることができます。また、とうもろこしなどの農産物の場合、半年後に収穫できることがほぼ 確実となっている場合、現在の先物価格が高い時に先物を売っておくほうがいいでしょう。ここで売却しておくことで半年後の収益の予想を上手にたてることができるからです。現在では投機的な側面ばかりが注目されている先物取引ですが、本来は価格の安定・収益の安定のために利用されるための相場なのです。

商品先物取引のメリット・デメリット

商品先物取引は、通常の株取引や投資信託の売買と違って、ハイリスクハイリターンの取引と呼ばれています。それではまず、商品先物取引のメリットとデメリットについて比べてみましょう。
トレードで一番リスクが少ないと言われているのが、デイトレードです。日中は会社にいて、デイトレなんてとても無理!というかたのために、自動売買(完全自動売買システムトレードでデイトレードもスムーズに!)というものもあります。
メリット:1
証拠金取引であるため、レバレッジをかけられるので、少ない資金で 大きな取引ができる。
メリット:2
商品先物は株と違って、投資対象が少ないので、わかりやすい。
メリット:3
先物取引なので、売りからもトライできる。個別の株も信用売りができるが、 銘柄が限られている上に、逆日歩などの金利がかかるのでその点でも、有利
デメリット:1
レバレッジがかかるので、リスク管理を徹底しないと、損も大きくなる。

商品先物取引に必要な証拠金

商品先物の取引を開始する前に「取引本証拠金(本証)」、「取引追証拠金(追証)」、「取引定時増証拠金(定増)」、「取引臨時増証拠金(臨増)」以上4つの証拠金の名前を目にするかと思います。通常の日経225先物取引に慣れている方にとっては多少とっつきにくいものかと思いますが、まずはこの商品先物特有の証拠金についてそれぞれご紹介します。
1:取引本証拠金
取引本証拠金は通称「本証」と呼ばれ、先物取引において基本となる証拠金となっています。本証に必要な金額は、おおよそ総取引代金の 5〜10%程度です。取引商品によって当然金額は変動することになります。
2:取引追証拠金
取引追証拠金は通称「追証」と呼ばれ、未決済のポジションの差損を計算した際に損の額が本証の半分以下まで割り込んできた時に請求される証拠金のことです。ニュースなどで「本日は追証決済のためポジション調整の売りが〜〜」と言われているのを耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
3:取引定時増証拠金
取引定時増証拠金は通称「定増」と呼ばれ、この証拠金は当月限のみに適用されることとなります。当月限は他の限月と違って値幅制限が解除されるので、価格変動が大きくなるために証拠金が増額されるようになります。
4:取引臨時増証拠金
取引臨時増証拠金は通称「臨増」と呼ばれ、先物取引の相場変動が激しくなってきた際に、取引所がこれから更に価格変動が激しくなる可能性があると考えた場合に臨時に証拠金を徴収する判断を下すことになります。この時支払うお金が臨増です。
上記の通り、商品先物取引の証拠金は4種類となっています。取引に慣れてないうちは扱いと把握に時間がかかるかと思いますが、取引員の方に聞けば新設に教えてくれますので、資金の余力を持って取引するようにしましょう。

商品先物の売買注文方法

商品先物取引の売買注文の出し方についてご紹介します。商品先物取引において一度注文を出した後に損を出してしまっても「わからなかった」では済みません。そのため注文方法については、しっかり理解しておかなくてはなりません。取引で注文を出す際は、次の項目を前もって紙などに書いてチェックしてから注文を出すことをオススメします。ちなみに注文する時に必要な事項は下記の通りです。
商品先物取引で注文す際に必要な記載事項
  • ・売りか買いか
  • ・新規か仕切りか
  • ・ガソリンや灯油、金、とうもろこし、大豆などの取引する商品名
  • ・数量と枚数
  • ・注文の有効期限
  • ・場・節
  • ・限月
  • ・指値か成り行きかの値段
実際の注文例 「ガソリン3月限を○○円で、3枚。今日の後場一で、新規の買い」 パソコンで、注文を出す場合には、選択事項がありますので、画面に沿って 丁寧に選択していけば安心です。まあ、説明を聞くより、なれるほうが大切です。 デモトレードでもいいので、売買の出し方を練習してみるといいと思います。

pickup

ホエイプロテインを激安で販売
http://musclepro.cart.fc2.com/

2017/5/19 更新